女医

緑内障は眼科で診断と治療を受けることが出来る

眼球の代表的な病

手鏡を見る女の人

眼病の豆知識

眼病の代表として緑内障が挙げられます。緑内障とは、眼圧と呼ばれる眼の硬さが上昇することによって引き起こされます。実は緑内障にはいくつかタイプがあり、豆知識として各タイプの特徴を知っておくことで、早期発見・治療が期待できます。1つ目のタイプはゆっくりと病状が進行していくタイプで、徐々に視野の狭まりを感じていくタイプの緑内障です。慢性的なのがこのタイプの緑内障のポイントです。2つ目は眼圧自体は正常なのに、視野が狭まっていくタイプの緑内障です。研究によって緑内障の半分以上の患者が実はこのタイプであることが分かっています。また、日本人に多いタイプということも特徴的です。もう1つのタイプは先天性のもので、生まれつき眼圧が高くなるタイプのものです。

眼病の注意点

緑内障は急性型のものもありますが、多くは徐々に進行していくものが多く、なかなか眼病だと自覚することが困難ですが、知識を深め、検査を定期的に受けることで早期発見が可能となります。緑内障は高齢者に非常に多い眼病なので、高齢の方は定期的に眼科で検査を受けることが必要です。そのきっかけ作りとして、老眼鏡などの調整をこまめに行うことが挙げられます。メガネなどの視力を補正する器具のケアは、眼を守るためにも必要ですし、視野を快適に保つためにも大切なことです。そのケアを定期的に行うことをきっかけに、同時に眼病の検査を受けることで、早期発見と早期治療が可能となり、たとえ進行性の緑内障でも進行をかなり遅らせることが可能となります。