女医

緑内障は眼科で診断と治療を受けることが出来る

目にまつわる病気

目元に触れる女の人

目にひそむ怖い病気

現代人が失明する一番の原因は緑内障にあります。そして、緑内障は初期症状がほとんどなく進行するため、気づいたら手遅れになっていることも多い怖い病気です。緑内障の仕組みは、目の内部が眼圧によって圧迫され、それが視神経に損傷を及ぼすことで視野が狭くなったり、欠けたりします。ようは、いかに早く目の異常に気づいて眼圧を下げられるかが重要なのです。緑内障に早く気づくためには、それを常に意識することが大事です。とくに、身内に緑内障患者がいるばあいは、普通の人よりもそれになりやすいため注意が必要です。現代ではインターネットもあるので、パソコンで簡易チェックを行えたりします。そこで画面上の物体が欠けたり歪んで見えた場合は目の異常が考えられますので、すぐに眼科医に行くと良いです。

目のトラブルの予防法

そして、仮にそれで目の異常が発見されない場合でも、40歳をすぎたら必ず眼科医に行かなければなりません。なぜなら、目の病気は40歳を過ぎると発症するリスクがあがるからです。それでは、どうしたら緑内障が予防できるかについてですが、これは食事と運動に注意します。まず、食事に関してはビタミンを多く摂ることが必要不可欠です。とくにビタミンEは血流を良くしてくれます。血流が良くなると眼圧を下げてくれるので、目に効果的です。気をつけなければならないのがカフェインで、摂り過ぎると眼圧をあげることになります。次に運動についてですが、目元の血流をよくするためには首ふり運動が効果的です。とくに目には硬くなって血流が滞りがちになる部分が多いので、定期的に首ふり運動を行うことが重要です。