女医

緑内障は眼科で診断と治療を受けることが出来る

早めの目の定期診断が必要

微笑む女の人

二つの主な症状

緑内障とは視神経に異常が起こり、目で見た情報を脳に伝えるべきところが、きちんとそれが伝わらなくなります。そのために画像の認識ができなくなり、視野欠損等の病気が起こるものです。今の時代、緑内障にかかっている人は40歳代から、かなりの数を占めています。それと同時に自分が緑内障にかかっていたことは知らなかったという人たちがとても多いことが特徴です。緑内障には主として二つの症状があります。ひとつは慢性的なもの、もうひとつは急性緑内障です。急性の場合は眼圧が上がり、頭痛、吐き気などの症状があり、わかりやすいのが特徴です。けれども慢性の場合は、はっきりした自覚症状も無く、眼圧も正常範囲内のことが多いので、わかりにくいという点があります。

適切な治療を心がけること

緑内障は眼圧だけではわからないので、眼底写真を撮ることが必要です。そして、そこで異常が見られたら、視野検査等を行い、慢性的緑内障では点眼薬を使って、今の残っている視野を保っていくことが必要です。けれども、中にはあまり症状の変化が見られないので、点眼薬をやめるのと同時に通院もやめてしまう人たちも多くいます。けれども症状は進んでいくことがあるので、きちんとした治療を続けて、高齢社会を見据えていくことが自分の目の健康を維持していくことに繋がります。そのことも含めて、定期的な目のチェックをするように心がけ、今のところ目に異常が無いと思っている若い人たちも気をつけることが大切です。緑内障は遺伝のケースも多いので、もし、自分にそれが当てはまる場合、リスクを考えて早めの定期診断が必要です。