医者

緑内障は眼科で診断と治療を受けることが出来る

早めの目の定期診断が必要

微笑む女の人

緑内障には二つのケースがあります。最近は40代の緑内障が多く見つかっています。急性緑内障の方は見つけやすいのですが、慢性の方は眼圧も上がらないので進行してから病気が発見されることが多くなります。早めの目の定期診断を若いうちから積極的に受診するべきです。

詳細

目にまつわる病気

目元に触れる女の人

現代人の失明理由として一番多いのが緑内障です。そして、緑内障は初期症状がほとんどなく、進行して気づいたことには手遅れになっている怖い病気です。予防するためには早期発見が重要です。身内に緑内障患者がいたら要注意です。食事面ではビタミンを多くとるようにしましょう。運動では、首ふり運動が効果的です。

詳細

目の病気を未然に防ぐ

手鏡を見る女性

飛蚊症.info

目の中に蚊がいるような感覚に陥ったことはありませんか?飛蚊症は治療できる病気です。まずは医療機関に相談しましょう。

苦しまないために心掛ける

緑内障は白内障と名前がとてもよく似ているために甘く見られがちですが、白内障と決定的に違うことがあります。それは失明の危険があるということです。白内障は見え辛くなるだけですが、緑内障は放置すると目の光までをも奪うのです。しかも、症状はそっくりなので白内障だと勘違いして放置してしまう人も多いといいます。これを防ぐためにできる工夫は、目の異常を感じたら必ず最寄りの眼科を受診する、ということです。それによって、緑内障を白内障と思いこんだまま放置してしまうことを防ぐメリットがあり、それだけでなく視力の低下や別の目の病気をも早期発見できる可能性があるのです。なにも難しいこともありませんので、3か月に1回など頻度を決めて眼科に行くといいと思います。

なぜそれをお勧めするのか

眼科での検査を受けることで緑内障や白内障といった眼病の早期発見に繋がるため、早く治療を始めることが出来ます。緑内障の治療において、最も重要なのが目の眼圧を適正値にすることです。眼圧を適正値にする治療として、点眼薬での治療があります。点眼薬は1種類で治療することもあれば、複数種類用いることもあります。治療の経過によって点眼薬の種類が変更になったり、点眼薬の数が増減したりします。医師の指示に従って、定められた点眼回数を使用することで、効果を得ることが可能でしょう。万が一、薬物治療で効果が現れないならば、手術での治療を行なうケースもあります。まずは、緑内障の症状に変化があるのか、自ら意識することが重要なのです。

眼球の代表的な病

手鏡を見る女の人

緑内障は眼圧の上昇による眼病ですが、日本人の緑内障患者の多くは眼圧が正常範囲にあるタイプのものであることが分かっています。メガネや老眼鏡のケアを定期的に行うことを心がけ、それをきっかけに眼病検査も受けることで、早期発見と治療が可能になります。

詳細